フィンランドの話を幾つか。サウナ文化とアパートメント

フィンランドでは幾つかの都市を周りましたが、ほとんどをアパートメントで過ごしました。
シンプルですが北欧デザインが体感できて、広いしとてもいい気持ち。

ホテルに比べるとアメニティやサービスも無く、カギの受け取りなども面倒ではありますが、暮らしを良く知れるのでとても楽しいです。
食事はほとんど自炊。地元のスーパーに通います。


フィンランドの話を幾つか。サウナ文化とアパートメント


サウナの本場であるフィンランドには、一般家庭にも当たり前のようにサウナがあるそうで、このアパートメントにもサウナがありました。(サウナはフィンランド語だそうですね)

はじめて自分でサウナストーンに水をかけて蒸気を出しましたが結構楽しいし気持ち良い。


フィンランドの話を幾つか。サウナ文化とアパートメント


ヘルシンキのマーケット広場の近くには、港に隣接したプールがあり、その施設の中にもサウナがありました。

サウナはコミュニケーションの場としても使われ、大事なことは会議でなくてサウナで決まるとか?
嘘かホントか知りませんが、なんかそんな感じ、素敵です。普段はシャイなフィンランド人も、サウナでは知らない人とよく話すとか。ネットもスマホもない、裸での付き合いで本音が出るんでしょうかね?


フィンランドの話を幾つか。サウナ文化とアパートメント


これはフィンランドの方とお近づきになるチャンスだとサウナに行きましたが、早朝に行きすぎて貸切状態でした。平日でしたし。
でもプール入って、サウナ入って、またプール入って、という流れは、心身ともにリラックスできる良い仕組みだなと感じました。

こういう文化も、フィンランドの幸福の一つなんでしょうね。


でも、日本の銭湯の文化も結構好きですけどね。
日本のサウナで知らない人と本音トークはしないけど…ね。

『サウナ文化とアパートメント。- フィンランドの話を、幾つか。#02』

2019.8.18 Sun   post by sajihideyasu