20141209_弟子とクリスマス


<広告制作Works:DM撮影&制作>

早いものでもうクリスマスシーズン。
夏を過ぎると「もう今年も半分以上過ぎてしまったのか」と毎年焦るけど、この時期まで来ると今年への執着にあきらめがつきます。

でも年末は結構好き。いつもは俗なことに興味が無いフリしたりするけど、クリスマスは結構好き。
年末ってところがドキドキワクワク感を増幅させてるんだと思う。


そんなことはさておき、この50ミリブログにもよく登場するレコールブランさんの12月のDMはクリスマスな内容の期間限定ショップの告知なので、落ち葉を使ってクリスマスツリーを表現してみました。落ち葉ってなんだかアート性を感じますよね。

公園で落ち葉拾いをして、どうしたらツリーに見えるかな〜なんて落ち葉をいじりながら創っていると、小学生の女の子3人が「お兄さんたち何してんの〜?」とわいわい寄って来ました。
小さい子の質問に適当にごまかすのはあんまり好きじゃないので、「お花屋さんのクリスマス用の広告を創るのに、落ち葉でクリスマスツリーを創って写真を撮ってるんだよ。」と正直に言うと、「うわっ!すごい!ほんとだツリーだ!!」と大興奮。しめしめです。

すると3人は横並びになり「私たちを弟子にしてください!!」って。
なんかすごいウケる状況だったけど、ボクもその気になって「よかろう。ではツリーの飾りになりそうなものを探してきたまえ。」と注文。
すると「はい!」「わたしあっちに赤い実が落ちてるの知ってます!」と言って、赤い実を持って来てツリーにふりまいてくれました。

20141209b_弟子とクリスマス


子どもは本当にクリエイティブ。落ち葉拾っていてもボクらは気が付かなかった赤い実が、ツリーをよりクリスマスっぽくしてくれました。
「ドングリの帽子も入れようよ!」「木の枝もいいですか?」「銀杏もあったよ!」と次々と提案してくれます。

かなりいい感じになってきました。もう十分かな、と思ってストップしようと思ったらいきなり砂を掛けだして、「冬だから雪降らしましょう〜!」とか「ゴミも入れちゃお〜」とどんどん汚らしいツリーになっていきました。。。

そしてさっきから3人のうちの1人が見当たらないなと思って聞いてみたら「もう門限だから帰ったよ」と。「私も帰ろー」と続々と帰り出しました。

シュール。
これだけ汚しておいて。
結局最終的な落ち葉クリスマスツリーはとても雑な感じになってしまったので、いい感じのときにテストで撮っておいた写真を使いました…。


弟子を育てるのも大変である。
「よかろう」とか言ってた自分がちょっと恥ずかしい。
赤い実は良かったけどね。

期間限定ショップは12/14(日)までだそうです。



メリークリスマス。

『弟子とクリスマス。』

2014.12.9 Tue   post by sajihideyasu

サジくじ当選者発表