20120706_岩国

巌流、佐々木小次郎。
岩国の有名な観光地である錦帯橋たもとで、柳と燕を相手に独自の剣法・つばめ返しを編み出したとか。

出自については不明なことが多く、聾者であったかどうかも分からないらしいが
相当な剣客であったことは間違いない。

いつの世にもどんなジャンルにもライバルは存在する。
その存在があるからこそ腕に磨きをかける。
過信した栄し独裁は滅びゆく運命だそうだ。

戦いのために自分なりの柳や燕を見つけ、アイデアと技術を生み出すことがセンスなんだろう。

武蔵には敵わなかったかもしれないが名と技は後世に残った。
さぞかし素晴らしい技だったんだろうな。

『柳とライバルと燕返し。』

2012.7.6 Fri   post by sajihideyasu