20130617_写真教室のこと


<写真教室Works:出張写真教室>

写真教室のことを少し。

昔から教えることが好きで、中学や高校時代も得意だった数学を友人に教えることが好きでした。
(数学が好きなのに文系に進んだのも、数学が得意じゃない人に教えるのが好きだったからかも。笑)

友人たちからは先生になったら?とよく言われたけど、学校の先生にはあまり興味が出ず教職を取ることも考えなかったのは、たぶん10代の頃のボクの偏見なんだけど、「毎年同じ内容のことを生徒全員に教える」ということにちょっとだけ抵抗があったんだと思う。

大学時代に家庭教師をしていた頃、「生徒の夢に向かって、必要なことを必要なだけ身につけてもらう」スタンスがとても心地良かったのを覚えています。東大に行きたいと言われてもボクにはどうしようもないけど、数学の苦手な生徒に数学の楽しさを覚えてもらう、ということがすごく適していたみたいで楽しかったんですよね。もちろん、楽しさを覚えると成績は上がって、その結果を知らされるとまたまた嬉しい。

写真の専門学校に通ったときに、もちろんカメラマンとしての腕の向上を目指していたけど、将来、この楽しい写真術を教える仕事をしたいとも同時に思っていました。
ということで独立してさっそく写真業と広告業と平行して写真教室をしているけどこれまた楽しい。

出張形式の少人数制なので、まさに家庭教師の頃に戻った気分です。笑
実は教えたり伝えたりすることは「広告」にも必要なもの、ボクも勉強させてもらってます。とてもいい刺激です。
あまり画一的にならず、技術論にもなり過ぎず、みなさんが撮りたい写真を楽しく撮れるようになるのがNoThrowの写真教室の目標です。

そんなオーダーメイドな写真教室ですが、興味があれば是非写真を学んでくださいね。



詳細はこちら ▼
20150213_写真教室ページリンク
『NoThrowの写真教室・出張写真教室』ページへ

『写真教室のこと。「NoThrowの写真教室・出張写真教室」』

2013.6.17 Mon   post by sajihideyasu