20120207_ラプソディインブルーc


嫁がヴァイオリンで参加している名古屋シンフォニア管弦楽団。
60回目という記念定期演奏会が先日、愛知県芸術劇場コンサートホールで開催されました。

指揮に田中祐子先生、ピアノ独奏に隈本浩明先生をお迎えしてのラプソディ・イン・ブルー。

隈本先生は田中先生の学生時代の先生だったそうです。
田中先生は、隈本先生の十八番の曲目での共演がずっと夢だったそうで、それが今回実現したとても素敵なストーリーのある演奏会。

カメラマンという特等席をいただいたボクは、そのお二方の呼吸がよく見える位置で楽しませていただきました。


20120207_ラプソディインブルーe


先生方のファンを筆頭に、超満員の芸術劇場。
アンコールは予定外に3回も。
最後は会場一体となったラプソディ。
まさにこれぞライブ!

師弟で舞台に立つなんて、なんて素敵で幸せなんだろう。

普段、あまりボクの中にはないクラシックミュージック。
でもジャンルなど関係ない。
サイドストーリーと臨場感。ライブは楽しくて最高で感動的だ!

ちなみにコンミスの隣が嫁でございます。
隣ね。

『ライブ in ラプソディ・イン・ブルー。』

2012.2.7 Tue   post by sajihideyasu