20140704_そろそろ世界一周の話しをしようと思う


そろそろ世界一周の話しをしようと思う。

とか言って今まで別に何も隠してなんかいないけれど、最近妙に聞かれることが多いので思い出してみた。

本当のこと言うと、世界一周したことすらちょっと忘れかけていた。
その理由は自覚していて、あの旅よりも今の生活の方がずっとエキサイティングだから。どうやら過去の出来事より今や未来が好きみたい。

しかし妙に世界一周の質問をされるなと思っていたら、そういえばあの時もW杯だったことを思い出した。
確かエジプトで「18バンスゴカッタネ!」と声をかけられた気がする。もちろん当時の本田選手のこと。もう4年も経つんだね。
そうそう、思い出してきた。

香港/マカオ/インド/エジプト/トルコ/イギリス/フランス/スイス/ドイツ/オランダ/ベルギー/チェコ/スロバキア/オーストリア/ハンガリー/クロアチア/スロベニア/イタリア/モナコ/スペイン/ルクセンブルク/カナダ/アメリカ/ペルー/チリ/イースター島/ブラジル/アルゼンチン/日本

数えてみると20数カ国。現在国の数は195カ国ほどのようなので、たかが1割ちょっと。
世界一周より前に訪れた国を足してもせいぜい30カ国ちょい。世界一周とか大きなこと言ってるわりには、たいしたことないのである。

帰国後すぐは「どうだった?」「どこの国が一番良かった?」「人生観変わった?」「いくらかかったの?」などの質問に、どうもうまく応えられなかった。
たぶん、「世界一周すると○○になる」とか、資格じゃないんだからそんな確実な未来なんて何もないし、FIFAでもあるまいし国に順位を付けられるはずもない。出発を決めたこともほぼ衝動的。観光じゃなく、ボクは今まで味わったことの無いエクスペリエンスを求めて感性の幅を広げたかっただけだった。何も準備せず、世界を周りながら生活をするなんてステキじゃない?それがその後の人生の何の意味を持つかなんて、帰国したばかりじゃ解る訳が無い。

でも最近、4年経って、その意味が少しずつ見えてきた気がする。
年齢のせいなのか、妙に質問されるせいなのか、W杯のせいなのか。

2万枚以上撮影した写真を見返しながら、国ごとに感じたその時の感情を思い出すのもいいね。
たまには過去のことを思い出すのも今後のクリエイティブにプラスになるだろう。
口では説明しにくいからいつもどおり写真と文章で。
写真は過去の感情を思い出すために素晴らしく最適なツールだと思う。撮ってて良かった。

これが、ボク自身やこのブログに来てくださった方への、その国の広告になればいいかな。
気が向いた時にだけアップする感じで、ちょいちょいブログ記事にはさんでいこうと思います。

『そろそろ世界一周の話しをしようと思う。』

2014.7.7 Mon   post by sajihideyasu