20120816_熊本の漱石

熊本、夏目漱石内坪井旧居。

我輩や坊っちゃんで東京や松山のイメージが強い漱石だが、英国に行く前に熊本でも4年余りの教論生活を過ごしていた。
熊本では転居が多かったそうだが、この内坪井旧居は新婚で父になりたての漱石にとって一番のお気に入りの家だったそうだ。
「草枕」は熊本での体験が基になっている。


– 住みにくき世から、住みにくき煩いを引き抜いて、難有い世界をまのあたりに写すのが「詩」である、「画」である。 —


写真と広告は、住みやすい世の中を創るのではないか。
今日も山路を登りながら、こう考える。

『熊本の漱石。』

2012.8.16 Thu   post by sajihideyasu