201301113_シロの手玉でカラーに挑む


ボクは特別な色を持たないようにしている。
ボクのお客さんが望む、色んなカラーのターゲットに挑めるように、シロでいたいと思ってる。
それがボクのカラーなのさ。

とかいってビリヤードしたいだけ。
ホリの深い渋い顔で英語でだったらカッコ良く聞こえるのかな。

『シロの手玉で、カラーに挑む。』

2013.11.13 Wed   post by sajihideyasu